2015年11月12日

【オモイデゴハンの作り方A焼き芋】(4)夏も秋も、おいしく“いただきます!”

焼き芋を終えて三本塚集会所に戻ると、温かくていい匂い。三本塚のお母さんたちが豚汁を用意して待っていてくださいました!

焼き芋04-01.JPG

焼き芋04-02.JPG

野菜はすべて、三本塚産。さすが、仙台の東の台所です!
一緒に、秋の味覚・栗が入ったおこわのおにぎりと、自家製漬物も振る舞われました。

焼き芋04-03.JPG

焼き芋04-04.JPG


また、東北学院大学・齊藤研究室の学生の皆さんからは、夏に三本塚で収穫した枝豆を使った創作料理「枝豆の和風ハンバーグ」「じゃがいもと枝豆の味噌チーズクリーム」が振る舞われました。

12064147_809447889172344_1761812644_n.jpg

こちらも大好評!!料理好きの三本塚のお母さんたちから「ぜひともレシピが知りたい!」との声も!

焼き芋04-05.JPG

振る舞われた料理で満腹〜。なので、食後のデザートにとっておいた焼き芋はお土産になりました。

焼き芋04-07.JPG

ちなみに、お母さんたちから伺った、サツマイモを使った三本塚特製「やんべスイートポテト」のレシピも一緒にお渡ししました。「やんべ」は仙台弁で「ちょうどいい」「いい塩梅」の意味。それぞれの「やんべ」具合によって、仕上がりは違うはず。作るのが楽しみですね!

(レシピ)やんべスイートポテト.jpg

今回の「オモイデゴハンの作り方」は、あいにくの雨模様の中で、三本塚の皆さんの暮らしの知恵が惜しみなく発揮された回でした。「オモイデゴハンに、これまでとこれからの暮らしの知恵をみる」と謳っている本事業。予定通りにいかなくても、「できない」と結論付けるのではなく、「どうしたら実現できるか」ということを常に考えて行動される住民の皆さんの姿に、本当に学ばせていただきました。自然と向き合いながら暮らす中で手に入れた力強さを目の当たりにしました。
三本塚の皆さん、今回もお世話になりました!

主催:仙台市
   公益財団法人仙台市市民文化事業団
   三本塚町内会
   東北学院大学経済学部共生社会経済学科齊藤康則研究室


次回はしめ縄づくりです。どうぞお楽しみに!
====================
  オモイデゴハンの作り方Bしめ縄
====================

【日 時】12月13日(日)9時30分〜12時
【会 場】三本塚集会所(仙台市若林区三本塚字権太125)
【参加費】1,000円
【定 員】10名(申込制/先着順)

《お申込み》
参加をご希望の方は、下記まで「お名前」「電話番号」「参加人数」をお知らせください。
【申込先】RE:プロジェクト事務局(公益財団法人仙台市市民文化事業団総務課)
〈電話〉022‐727‐1875(平日9-17時)
〈メール〉re-project@bunka.city.sendai.jp
posted by 公益財団法人仙台市市民文化事業団 at 00:00| オモイデゴハン

2015年11月11日

【オモイデゴハンの作り方A焼き芋】(3)連携プレーで芋洗い

焼き芋03-01.JPG

この日掘ったサツマイモは、参加者の皆さんのお土産になりました。

焼き芋03-02.JPG

泥だらけのサツマイモを、雨の中ではありますが洗っていきます。

焼き芋03-03.JPG

洗ってみると、きれいな紫色のサツマイモが登場!

大人チームを中心にサツマイモを洗う作業を行いましたが、子どもチームもお手伝い。初対面にも関わらず、良い連携プレー!!

焼き芋03-04.JPG

焼き芋03-05.JPG

焼き芋03-06.JPG

焼き芋03-07.JPG

焼き芋03-08.JPG

配りきれなかったサツマイモは、11月28日(土)の新寺こみち市で販売予定です!どうぞお越しください!!

[次回へ続く]
posted by 公益財団法人仙台市市民文化事業団 at 00:00| オモイデゴハン

2015年11月10日

【オモイデゴハンの作り方A焼き芋】(2)籾殻に代わって、U字溝登場!

さて、いよいよサツマイモを焼く準備です。
前日から降り続く雨の影響で、「畑に穴を掘って、籾殻を敷き詰めて焼く」という方法では火力が足りず、この方法は泣く泣く断念。どうしよう、、、と思いあぐねる間もなく、三本塚の皆さんが出してきたのは、「U字溝を使って炭火焼」という案!なかなかのプランB。しかし、どうやって…?

焼き芋2-01.JPG

U字溝による焼き場は、畑でサツマイモを掘っている間に住民の皆さんが準備してくださいました。炭は、復興支援で町内会にたくさんいただいたそうで、今回のために提供してくださいました。火をつけて風を送り、火力を高めていきます。

焼き芋2-02.JPG

焼き芋2-03.JPG

焼き芋2-03-3.JPG

参加者の皆さんは、湿らせた新聞紙とアルミホイルにサツマイモを包む作業。ちなみに、この日焼き芋にしたサツマイモは、掘りたてのものではなく、1週間前に掘ったものです。掘った直後のサツマイモよりも、1週間置いたほうが甘みが増すとのこと!

焼き芋2-04.JPG
▲1週間前の芋掘り

焼き芋2-05.JPG
▲掘ったサツマイモは陰干しさせて当日を迎えました

「今年のサツマイモは形が不ぞろいだなや」と三本塚の皆さんが口々に言うように、特大サイズのサツマイモもあれば、ひょろひょろの大きさのもあります。

焼き芋2-06.JPG

「これじゃ、おいしい焼き芋にはならない、、、」と心配した三本塚のお母さんたち、まさかのサツマイモ購入(笑)。「千葉産のおいしいやつだから、心配ないっちゃ!」ということで、もう「(三本塚産も千葉産も一緒に、とにかく)雨の中でおいしいサツマイモを焼く!」という最大の目標に向かって突き進むのみです。

焼き芋2-07.JPG

焼き芋2-08.JPG

銀色に包まれたサツマイモを網の上に乗せ、炭火で焼いていきます。火の周りは熱いくらいです。

焼き芋2-07-2.JPG

「でも、炭火で焼くよりも、籾殻の中で焼いたほうがいいんだ。だって、籾殻全体に熱があるから、焼き上がりも早いし、ほくほくとなるの」
こういう話を聞くと、やっぱり籾殻で焼いてみたくなります!次の機会を期待したいですね。

焼き芋2-09.JPG

焼き芋2-10.JPG

焼き芋2-11.JPG

約30分後、焼けたかどうか串をさしながら確認して、焼きあがったサツマイモからいただいていきました!
きれいな黄色!

焼き芋2-12.JPG

焼き芋2-13.JPG

焼き芋2-14.JPG

一時は焼くことも危ぶまれた今回のイベントでしたが、住民の皆さんのアイデアによって、無事に、おいしい焼き芋をいただくことができました!

[次回へ続く]
posted by 公益財団法人仙台市市民文化事業団 at 00:00| オモイデゴハン