2015年11月24日

レシピのご紹介【枝豆の和風ハンバーグ】

東北学院大学経済学部共生社会経済学科の齊藤康則研究室の学生の皆さんは、1回目の開催から「オモイデゴハン」に関わってくださっています。
先日の「オモイデゴハンの作り方A焼き芋」では、夏に収穫した枝豆を使った創作料理を学生さんたちが振る舞ってくださいました!
大好評だったレシピをご紹介します。ぜひお試しを!

*************
 枝豆の和風ハンバーグ
*************

枝豆の和風ハンバーグ.jpg

【材料(4人分)】
・鶏ひき肉 300g
・絹ごし豆腐 1丁
・えのき 1パック
・おろし生姜 適量
・卵 1個
・しょうゆ 大さじ1
・枝豆(つぶす) 適量

★たれ
・しょうゆ、みりん、水 各100cc
・お酒、オイスターソース 各50cc
・水溶き片栗粉 適量
・しめじ 1パック
・枝豆 適量

【つくり方】
〈1〉えのきをみじん切りにし、鶏ひき肉、豆腐、つぶした枝豆、おろし生姜を入れて
混ぜ、さらに醤油、片栗粉を入れて混ぜる。
〈2〉フライパンでこんがり焼く。
〈3〉一度お皿にあげておき、同じフライパンでしめじを炒める。そこにたれの調味料を入れる。
〈4〉たれを温めている間に、枝豆をさやから出し、たれが沸騰してきたら枝豆を入れる。
〈5〉たれの中にハンバーグを戻す。
〈6〉水溶き片栗粉でとろみをつけたら出来上がり。
posted by 公益財団法人仙台市市民文化事業団 at 11:31| オモイデゴハン

2015年11月17日

12/13(日)「オモイデゴハンの作り方Bしめ縄」開催のお知らせ

【オモイデゴハンの作り方】しめ縄 バナー.jpg

これまで仙台市若林区三本塚地区を中心に開催してきた「オモイデゴハン」。
今年は「オモイデゴハンの作り方」と題して、オモイデゴハンの背景にある暮らしの知恵を学ぶ場を、住民の皆さんと一緒に作っていきます。

3回目となる今回は、新年を迎える準備である「しめ縄」の作り方を学びます。かつては、神聖な場所である床の間で縄が綯われていました。そのため、早朝にお風呂に入り、身を清めてから着物をまとい、作ったといいます。三本塚で行われてきた「しめ縄」作りをこの機会にぜひ体験してみませんか?

====================
  オモイデゴハンの作り方Bしめ縄
====================

【日 時】12月13日(日)9時30分〜12時
【会 場】三本塚集会所(仙台市若林区三本塚字権太125)
【参加費】1,000円
【定 員】10名(申込制/先着順)
★東北学院大学・齊藤研究室の学生による年中行事に関するミニレクチャーもあります!

《お申込み》
参加をご希望の方は、下記まで「お名前」「電話番号」「参加人数」をお知らせください。
【申込先】RE:プロジェクト事務局(公益財団法人仙台市市民文化事業団総務課)
〈電話〉022‐727‐1875(平日9-17時)
〈メール〉re-project@bunka.city.sendai.jp


主催:仙台市
   公益財団法人仙台市市民文化事業団
   三本塚町内会
   東北学院大学経済学部共生社会経済学科齊藤康則研究室

【オモイデゴハンの作り方】しめ縄 omote.pdf
【オモイデゴハンの作り方】しめ縄 ura.pdf


posted by 公益財団法人仙台市市民文化事業団 at 17:38| オモイデゴハン

2015年11月16日

11/23(祝・月)「SENDAI EAST KITCHEN vol.01 2015 秋」開催のご案内

11月23日(祝・月)に「SENDAI EAST KITCHEN vol.01 2015秋」が開催されます。RE:プロジェクトのパネル展示&『RE:プロジェクト通信』の配布もございますので、ぜひお越しください!

SENDAI-EAST-KITCHEN-vol.01.jpg

−おなかがすいたら、仙台の東側を食べよう−
**********************
 SENDAI EAST KITCHEN vol.01 2015 秋
**********************

日 時:2015年11月23日(祝・月) 11時〜14時
会 場:仙台市農業園芸センター(仙台市若林区荒井字切新田13-1)
参加費: 1,000円(新米のお土産付き)/小学生以下 無料

私たち「せんだい東部復興市民会議」は、自分たちの財産である地域資源の魅力を発信していくことで、より多くの皆さんに改めて仙台東部エリア(高砂・七郷・六郷)のことを知っていただきたいと考えています。
仙台東部エリアが持つ魅力の一つは「食文化」です。仙台東部エリアには、豊かな農地が広がっています。そして、ここで育てた自分たち作物を自らの手で加工し、味わうことをずっと続けてきました。「採れたてをいただく」ことが当たり前の生活だったのです。大きく被災しましたが、多くの方々のご支援を頂きながら、復興に向け住民みんなで頑張ってきました。おかげさまで、津波被害から再生した農地を再び耕し、収穫の喜びを味わうことができるようになりました。
今回は、秋に採れた野菜をたっぷり使った「豚汁」をご用意してお待ちしています。仙台東部エリアの魅力に触れながら、食べ手と生産者が心から支え合う関係を築く機会になることを願っております。
SENDAI EAST KITCHEN vol.01チラシ オモテ面.pdf
SENDAI EAST KITCHEN vol.01チラシ ウラ面.pdf

◎主催:せんだい東部復興市民会議
◎協賛:一般社団法人ランドスケープコンサルタンツ協会東北支部、JA仙台
◎後援:仙台市
◎協力:公益財団法人仙台市市民文化事業団

=======
 プログラム
=======

【1】おいしいごはん、いただきます!
若林区井土の加藤新一さんが、仙台東部エリアで採れた野菜を使って、あったかい料理を振る舞います![11時〜/限定300食/なくなり次第終了]
《メニュー》
◎豚汁 ◎味噌おにぎり ◎お漬物
*都合により、変更になる場合がございます。

《食材をご提供いただく皆さん》
井土生産組合さん、岡田生産組合さん、神屋敷味噌クラブさん、三本塚・相澤昭男さん、三本塚・遠藤さん、三本塚・佐藤稔さん

【2】もっと知ろう、仙台東部エリアのこと
仙台東部エリアのそれぞれの地域について、暮らしの再建や農業の再生等、これまでの復興の歩みとともに、これからの地域の将来像について住民の皆さんからお話をうかがいます。
@12:00〜高砂地区 A12:30〜七郷地区 B13:00〜六郷地区
《聞き手》
西大立目祥子さん(フリーライター)

【3】おいしい素材は、こちらで買えます
当日食事提供で使用した食材を中心に、仙台東部エリアで採れた新鮮な野菜や加工品の販売を行います。[11〜14時]

【4】関連資料の展示
仙台東部エリアをさまざまな視点からご紹介したパネルを展示いたします。ぜひご覧ください。
●農と食のフロンティアプロジェクト
●RE:プロジェクト

========
 お申込み方法
========

●参加ご希望の方は、下記のメールアドレスまで「代表者のお名前」「代表者のお電話番号」「お申込み人数」を お知らせいただき、チケットをご予約ください。
 【受付メールアドレス】sendai_toubu_fukkou@yahoo.co.jp
●数に限りがございますので、ご予約状況に余裕がある場合のみ、当日会場にて当日受付を行います。定員にな り次第、予約受付を終了いたしますので、ご了承ください。

======
 お問合せ
======
せんだい東部復興市民会議(代表:小野吉信)
電話:022-289-3773(9-18時)/メール:sendai_toubu_fukkou@yahoo.co.jp

posted by 公益財団法人仙台市市民文化事業団 at 14:16| お知らせ