2012年11月01日

「イグネを植える会」に行ってきました。

『RE:プロジェクト通信』第4号でお世話になった加藤さんにお招きいただき、
「イグネを植える会」にお邪魔してきました。

※「イグネを植える会」の前に、
 リフォームした加藤さんのご自宅で「芋煮を食べる会」があったのですが、
 夢中でたいらげてしまったため、画像がありませんっ!!

これは「三重コンテナ栽培研究会」という造園業者さんを主とした団体の取り組みで、
〈津波で失われた緑を取り戻そう〉ということで、
被災した町内会を訪問し、
住民の皆さんと一緒に苗木をポットに植え、
大きくなったらイグネにしたり、
公園の樹木として活用したり、森づくりをしたり…と、
それぞれの暮らしに合わせて緑地空間の復活を支援するものです。
IMG_6229.JPG

この日は、井土町内会の方を中心に、
三本塚の方も加わって、研究会の皆さんと一緒に苗木をポットに植え替える作業をしました。

よく晴れた気持ちのいい日で、それだけで嬉しいような日でした。
IMG_6259.JPG

研究会の方からポットへの植え方を指導してもらいます。
※きちんと根を張れるように浅く植えたり、土を固く押さないで植えたり。
IMG_6249.JPG

研究会の皆さんがくださった苗木は、おそらく200本以上!
種類も豊富で、
キンモクセイや月桂樹、栗や柿の木など、庭に植えたら楽しみになりそうな木ばかりでした。
IMG_6269.JPG

作業を終えた後は、
皆さんで好きな木を、好きなだけ持って帰ることになりました。
IMG_4963.JPG


IMG_6279.JPG
ある方は、トラックいっぱいに!
お話を聞くと、
「自分はまだ仮設住宅に住んでいるけど、いつかは自宅に戻りたい。
 だから、先にイグネを庭に植えて、家を整えておくんだ。」
とおっしゃいました。
暮らしを取り戻すためのイグネ。
その存在の大きさを改めて感じました。

皆さんは口々に、
「もらった苗木が、家にあったイグネの大きさになるには、
 どのくらいかかるかなぁ・・・」
とお話ししながら、それでも嬉しそうでした。

時間はかかりますが、着実な復興に向けての大きな一歩だと感じました。
posted by 公益財団法人仙台市市民文化事業団 at 21:37| 若林区井土

2012年02月24日

『RE:プロジェクト通信』第4号、完成!!

お待たせしておりました『RE:プロジェクト通信』第4号、
ようやく完成しました!
第4号 表紙.jpg

今回は仙台市若林区にある井土地区のお話です。

表紙にもご登場いただいた加藤新一さんのご自宅は、
鉄筋コンクリート造だったため流出を免れました。
現在、自力で改修を行っています。

加藤さんは言います。
「井土の人たちがいつでも戻って来られる場所をつくりたいんだ」

その想いの背景には、
どういった井土での暮らしが影響しているのでしょうか。
三浦さんご夫妻を交えての対話の中に、
その一端を垣間見た気がします。

仙台市内の市役所(市民のへや)、各区役所、
市民センター、図書館等の公共施設で配布しております。

どうぞ、お手にとってご覧ください。
★PDFファイルはこちらから↓
第4号〈井土〉オモテ面.pdf 第4号〈井土〉ウラ面.pdf

===ご送付希望の方へ===
お手数ですが、
下記までお問い合わせいただけると幸いです。
よろしくお願い申し上げます。

(財)仙台市市民文化事業団 事業課
電話:022-301-7405
FAX:022−727−1874
メール:info(アットマーク)sendaicf.jp



posted by 公益財団法人仙台市市民文化事業団 at 17:23| 若林区井土