2012年06月21日

復興への願いを込めて

先日、若林区にある荒井小学校用地仮設住宅の集会所にお邪魔してきました。
こちらでは、「鶴亀会」という手芸サークルの活動があり、
毎日のようにメンバーが集まり、作品づくりを行っています。
鶴亀会1.JPG

もともとは、荒浜地区にお住まいだった最知幸子さんが、
震災後に体調を崩されて入院している時に、
手なぐさみに作り始めたことがきっかけでした。
鶴亀会2.JPG
▲鶴亀会・代表の最知幸子さん

「かわいいね」「作り方を教えてほしい」
ということで輪が広がり、
今では鶴亀会の代表という形で最知さんが指揮をとり、
仮設住宅に入居されている40〜80代の皆さんで制作に励んでいます。

今つくっているのは、こちらの3種類です。

◎福幸(復興)かえる…1個300円
鶴亀会3.JPG

鶴亀会4.JPG

かつて貞山堀で採れたしじみ貝に布を貼ってストラップに。
布の柄、目の位置、ストラップとの組み合わせに作り手の個性が光り、
選ぶのに迷ってしまいます!

◎福幸(復興)かめ…1個300円
鶴亀会5.JPG

めでたい亀をモチーフにしたストラップ。
お腹の部分には「ご縁があるように」と5円玉が納められています。

◎福幸ふうせん
鶴亀会6.JPG

折り紙の多面体作品です。
かなりカ・ワ・イ・イ!!
こちらは売り物ではなく、
上記ストラップを1500円以上ご購入いただいた方にプレゼントだそうです!

新しい作品として、
ラベンダーを入れた匂い袋も考えているとのこと。
(うかがった日は集会所内にラベンダーが干してあり、
 とても良い香りが漂っておりました。)
鶴亀会7.JPG

5月に行われた「青葉まつり」にも出店し、大変好評だったそうです。

これからも精力的に作品制作に取り組み、
また販売も積極的に行っていきたいとのことです。

「ストラップほしい!」「うちのイベントに参加してみては?!」
という方がいらっしゃいましたら、
ぜひとも鶴亀会お声掛けください。

*******************************
荒井小学校用地仮設住宅「鶴亀会」

○代表:最知幸子さん
○住所:仙台市若林区伊在字東通34
○連絡先:080-3194-8439(最知さん)
*******************************
posted by 公益財団法人仙台市市民文化事業団 at 14:19| 若林区荒浜

2011年12月28日

荒浜の今

昨日の朝日新聞に、
『RE:プロジェクト通信』第1号で取り上げた荒浜地区のお話が掲載されていました。

◆朝日新聞(2011年12月27日付・宮城版)
「荒浜よ ふるさとの復興・上」
http://mytown.asahi.com/miyagi/news.php?k_id=04000001112270003

第1号を発行するにあたり取材させていただいた、
漁師の佐藤吉男さん、娘さんの優子さんの今の想いがつづられています。

かつての、緑豊かな深沼の写真も掲載されています。
改めて、失われた地域資源の大きさを感じました。
posted by 公益財団法人仙台市市民文化事業団 at 09:39| 若林区荒浜

2011年09月14日

第1号、完成!

「RE:プロジェクト通信」第1号、完成しました!!

REプロジェクト通信 第1号.jpg

今回は若林区の荒浜地区に焦点をあてました。
「荒浜」といえば、
多くの仙台市民にとっては「深沼海水浴場」のある夏の特別な場所。
しかし一方では、
海とともに生きる人たちの生活が息づいた場所です。
漁師さんたちのお話から、
地域で生活をともにすることで生まれる絆を感じ取っていただければ幸いです。

★PDFはこちら
第1号〈荒浜〉 オモテ面.pdf 第1号〈荒浜〉 ウラ面.pdf

来週より、
市役所、各区役所、市民センター、文化施設等、
市内各所で入手することができます。
ぜひ、お手にとってご覧ください!
posted by 公益財団法人仙台市市民文化事業団 at 10:47| 若林区荒浜