2012年05月25日

大きく育った木々も消えて(若林区二木)

仙台市若林区の二木地区に行ってきました。

かつては鬱蒼とした木々に囲まれていた日吉神社(山王宮)でしたが、
今は周囲の木は伐採され(津波で枯れてしまったのでしょうか)、
だいぶ印象が変わりました。
↓こちらのウェブサイトをご覧いただくと、以前の様子がわかります↓
神社探訪 狛犬見聞録・注連縄の豆知識【日吉神社(仙台市若林区二木)】

IMG_4785.JPG

IMG_4810.JPG

IMG_4813.JPG

本殿も傾いたままです。
IMG_4817.JPG

近くには東六郷小学校があります。
甚大な被害を受けた六郷地区。
小学校前の東六郷コミュニティセンターの前には、
亡くなった方のために慰霊塔が建てられていました。
IMG_4837.JPG

この時期は田植えを終えている頃です。
しかし、こちらの田んぼは未だ手つかずのようでした。
IMG_4830.JPG

遠くにはまばらな松林が見えました。
二木から深沼海岸を眺める.jpg

こんなに離れているのに、と思ってしまいます。
改めて津波の恐ろしさを思いました。
posted by 公益財団法人仙台市市民文化事業団 at 18:50| 若林区二木

2012年05月18日

二木のお話を聞きました。

今日は、二木(ふたき)にお住まいだった庄子さんご夫妻にお話を伺ってきました。
【若林区二木地区】の地図
IMG_4189.JPG

「つけすごと」「へらかつぎ」「はらからからになる」・・・
聞いただけでは何を指しているのかわからない言葉も、
仙台暮らしの長い西大立目さんと武田さんのサポートをいただきながら、
何とか理解することができました。

やっぱり畑仕事をしたいんだ、と奥さまのハツヱさん。
「そいつをするほかより、ねぇんだわ。」

これまでの暮らしを視野に入れた支援、
それは今の生活を支えるものであったり、
今後の再建に向けてのものだったり、両方に当てはまるのだと思いますが、
そのあり方について、今一度考えなければいけないと感じました。

posted by 公益財団法人仙台市市民文化事業団 at 17:28| 若林区二木