2016年01月26日

平成27年度「RE:プロジェクト記録展」開催のご案内

H27記録展バナー.jpg

RE:プロジェクトは、東日本大震災で大きな被害を受けた仙台市沿岸部において、その地域に根付いてきた生活文化や記憶をつないでいこうと、2011年6月に始まりました。住民の方々にお話を聞いてまとめたフリーペーパー『RE:プロジェクト通信』(2011〜2014年度)の発行や、若林区三本塚地区における「オモイデゴハン」事業をとおして、震災によって失われてしまうかもしれない暮らしの姿を伝えてきました。

東日本大震災から5年が経とうとしています。変わったこと、変わらなかったこと。もとに戻ったこと、戻らなかったこと。さまざまな状況が見えてきた5年目でした。

この記録展では、これまでの取材を振り返るとともに、震災から5年を迎えようとしている地域の姿をお伝えします。

H27年度記録展 チラシ オモテ.pdf
H27年度記録展 チラシ ウラ.pdf

【日時】2016年2月2日(火)−27日(金)のうち平日9〜17時
【会場】仙台市役所 1階ギャラリーホール(仙台市青葉区国分町三丁目7番1号)
入場無料
主催:仙台市、公益財団法人仙台市市民文化事業団


●5年の活動を振り返るお話会の開催●
『RE:プロジェクト通信』の取材に携わってきたフリーライターの西大立目祥子さんと詩人の武田こうじさんに、これまでの活動をとおして考えてきたことを伺います。聞き手は、せんだい演劇工房10-BOX・工房長の八巻寿文さんです。お気軽にご参加ください。
〈日時〉2月26日(金) 14時〜
〈会場〉仙台市役所 1階ギャラリーホール
申込不要、直接会場へ

【お問合せ】
RE:プロジェクト事務局(公益財団法人仙台市市民文化事業団 総務課)
〒981-0904 仙台市青葉区旭ヶ丘3-27-5
〈電話〉022-727-1875(平日9-17時)
〈メール〉re-project@bunka.city.senida.jp
◎ブログ RE:プロジェクト制作日誌 http://re-project.sblo.jp/
posted by 公益財団法人仙台市市民文化事業団 at 10:25| お知らせ

2016年01月12日

1/19(火)イズミティ21 ロビーコンサート『街の詩を奏でる (1月)』のご案内

街の詩を奏でる-1.jpg

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
平成27年度 イズミティ21 ロビーコンサート
『街の詩を奏でる (1月)』のご案内
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●


震災から5 年目をむかえる、私たちの街。
そのことは私たちになにを語りかけているのでしょうか。
そして、私たちは日々、なにを感じ、考えているのでしょうか。
それぞれの暮らしと、それぞれの想いに詩と音楽を通して、向き合ってみませんか。

詩人の武田こうじさんが、被災した地域を記録した『RE:プロジェクト通信』に寄せてきた詩を朗読します。
今回のロビーコンサートで音楽を奏でるのは、ピアニストの澤田和歌子さんです。
澤田さんは、武田さんが創作してきた『RE:プロジェクト通信』の詩に合わせて、
新しいメロディをつくってくださいました。

泉で奏でられる街の物語。
ぜひお気軽に足をお運びください。

【日時】1月19日(火)14:00〜15:00
【会場】イズミティ21 大ホールロビー(仙台市泉区泉中央2-18-1)
入場無料/申込不要、直接会場へお越しください。
【チラシ】街の詩を奏でる.pdf

【出演】
武田こうじ(詩人)
詩集の刊行、ポエトリー・リーディング・ライブをさまざまな場所で開催。また、病院や学校で詩のワークショップや読みきかせをしている。仙台市立富沢小学校校歌作詞、丸森町立丸森中学校校歌作詞。
震災後は仙台市のフリーペーパー『RE:プロジェクト通信』で被害の大きかった沿岸部を取材しながら、詩の連載をしている。2015年3月11日の仙台市東日本大震災追悼式で詩を朗読。

澤田和歌子(ピアニスト)
桐朋学園大学卒業。 同大学院修了。第4回横浜国際音楽コンクール2台ピアノの部最高位など入賞多数。
仙台を中心にコンサート活動を行うほか、M!Yagi Trinity Ensemble合唱団の伴奏ピアニストを務める。仙台中央音楽センター講師、桐朋学園大学付属「子供のための音楽教室」仙台教室ピアノ実技科講師。「はなまるピアノ教室」主宰。

<運営>
主催/公益財団法人仙台市市民文化事業団
制作/イズミティ21指定管理者グループ
(仙台市市民文化事業団・東北共立・石井ビル管理)

<お問合せ>
イズミティ21(電話:022-375-3101)

*2月と3月もロビーコンサートがございます。ぜひお楽しみください。
2月17日(水)14時〜 武田こうじ(詩人)×常盤木学園高等学校 音楽科
3月15日(火)14時〜 武田こうじ(詩人)×松坂優希(ピアニスト)
posted by 公益財団法人仙台市市民文化事業団 at 14:23| お知らせ

2015年11月16日

11/23(祝・月)「SENDAI EAST KITCHEN vol.01 2015 秋」開催のご案内

11月23日(祝・月)に「SENDAI EAST KITCHEN vol.01 2015秋」が開催されます。RE:プロジェクトのパネル展示&『RE:プロジェクト通信』の配布もございますので、ぜひお越しください!

SENDAI-EAST-KITCHEN-vol.01.jpg

−おなかがすいたら、仙台の東側を食べよう−
**********************
 SENDAI EAST KITCHEN vol.01 2015 秋
**********************

日 時:2015年11月23日(祝・月) 11時〜14時
会 場:仙台市農業園芸センター(仙台市若林区荒井字切新田13-1)
参加費: 1,000円(新米のお土産付き)/小学生以下 無料

私たち「せんだい東部復興市民会議」は、自分たちの財産である地域資源の魅力を発信していくことで、より多くの皆さんに改めて仙台東部エリア(高砂・七郷・六郷)のことを知っていただきたいと考えています。
仙台東部エリアが持つ魅力の一つは「食文化」です。仙台東部エリアには、豊かな農地が広がっています。そして、ここで育てた自分たち作物を自らの手で加工し、味わうことをずっと続けてきました。「採れたてをいただく」ことが当たり前の生活だったのです。大きく被災しましたが、多くの方々のご支援を頂きながら、復興に向け住民みんなで頑張ってきました。おかげさまで、津波被害から再生した農地を再び耕し、収穫の喜びを味わうことができるようになりました。
今回は、秋に採れた野菜をたっぷり使った「豚汁」をご用意してお待ちしています。仙台東部エリアの魅力に触れながら、食べ手と生産者が心から支え合う関係を築く機会になることを願っております。
SENDAI EAST KITCHEN vol.01チラシ オモテ面.pdf
SENDAI EAST KITCHEN vol.01チラシ ウラ面.pdf

◎主催:せんだい東部復興市民会議
◎協賛:一般社団法人ランドスケープコンサルタンツ協会東北支部、JA仙台
◎後援:仙台市
◎協力:公益財団法人仙台市市民文化事業団

=======
 プログラム
=======

【1】おいしいごはん、いただきます!
若林区井土の加藤新一さんが、仙台東部エリアで採れた野菜を使って、あったかい料理を振る舞います![11時〜/限定300食/なくなり次第終了]
《メニュー》
◎豚汁 ◎味噌おにぎり ◎お漬物
*都合により、変更になる場合がございます。

《食材をご提供いただく皆さん》
井土生産組合さん、岡田生産組合さん、神屋敷味噌クラブさん、三本塚・相澤昭男さん、三本塚・遠藤さん、三本塚・佐藤稔さん

【2】もっと知ろう、仙台東部エリアのこと
仙台東部エリアのそれぞれの地域について、暮らしの再建や農業の再生等、これまでの復興の歩みとともに、これからの地域の将来像について住民の皆さんからお話をうかがいます。
@12:00〜高砂地区 A12:30〜七郷地区 B13:00〜六郷地区
《聞き手》
西大立目祥子さん(フリーライター)

【3】おいしい素材は、こちらで買えます
当日食事提供で使用した食材を中心に、仙台東部エリアで採れた新鮮な野菜や加工品の販売を行います。[11〜14時]

【4】関連資料の展示
仙台東部エリアをさまざまな視点からご紹介したパネルを展示いたします。ぜひご覧ください。
●農と食のフロンティアプロジェクト
●RE:プロジェクト

========
 お申込み方法
========

●参加ご希望の方は、下記のメールアドレスまで「代表者のお名前」「代表者のお電話番号」「お申込み人数」を お知らせいただき、チケットをご予約ください。
 【受付メールアドレス】sendai_toubu_fukkou@yahoo.co.jp
●数に限りがございますので、ご予約状況に余裕がある場合のみ、当日会場にて当日受付を行います。定員にな り次第、予約受付を終了いたしますので、ご了承ください。

======
 お問合せ
======
せんだい東部復興市民会議(代表:小野吉信)
電話:022-289-3773(9-18時)/メール:sendai_toubu_fukkou@yahoo.co.jp

posted by 公益財団法人仙台市市民文化事業団 at 14:16| お知らせ