2014年10月22日

幻のもち米、ついに…!

「ようやく出来たから、食べにおいで」
とお誘いいただいたのは、仙台市若林区荒浜で長らく農業を営んでいたよしおさんからでした。
それは、私も待ちに待った幻のもち米・ハツキネモチのことでした!2年前によしおさんに種もみを預けてから、大事に大事に育ててくださって、手のひらに載るほどの種もみから、たくさんの人と一緒に味わえるほどの収穫量になりました。さすが、農家一筋のよしおさんです!
ハツキネモチはすごーくよく伸びるお餅で、フカフカした触感。よしおさんが「あれをもう一度食べたいんだぁ」と切望していたことにも納得。この日は、あんこ餅とお雑煮でいただきました。

ハツキネ あんこ餅.JPG

10月ハツキネ 02.jpeg

10月ハツキネ 05.jpeg

10月ハツキネ 03.jpg

10月ハツキネ 06.jpg

「もう一度食べたい」という一人の思いが実らせた2年越しの収穫。暮らしと思い出の中に生きる味を大切にしていきたいと思いました。
posted by 公益財団法人仙台市市民文化事業団 at 17:47| 日記

2012年01月06日

今度の日曜は「お薬師さんの手づくり市」へ!

毎月8日に開催されている「お薬師さんの手づくり市」。
仙台市若林区にある陸奥国分寺・薬師堂で、
野菜やパン、お漬け物などの加工品といった食べ物から、
アクセサリーや洋服、陶器など生活雑貨まで、
とにかく「手づくり」のものを、
作ったご本人たちが小さなお店を出す、にぎやかなイベントです。

手づくり市.JPG
※平日でもこの盛況ぶり!!

『RE:プロジェクト通信』の中で「まちの記憶」を書いていただいている、
ライターの西大立目祥子さんが実行委員として関わっているイベントです。
現在、4年目に突入!

次回の開催は1月8日(日)です。
『RE:プロジェクト通信』も、
事務局テントに置いていただけることになりました!
ご来場の際は、ぜひ覗いてみてください!

************************
「お薬師さんの手づくり市」
◆日時:2012年1月8日(日)
    10時〜15時
◆場所:陸奥国分寺・薬師堂
   (宮城県仙台市若林区木ノ下3−8−1)
************************
posted by 公益財団法人仙台市市民文化事業団 at 17:34| 日記

2012年01月04日

新しい年が始まりました。

謹んで新年のご挨拶を申し上げます。

本年も「RE:プロジェクト」では、
被災地の様子や、
その地域で育まれてきた生活、それにまつわる思い出をうかがい、
記録していくことで、
これからの世代に大事な地域資源を残していくべく、
尽力していく所存でございます。

今後とも温かく見守っていただきますよう、
よろしくお願い申し上げます。

こちらは、名取市閖上から見えた初日の出を伝える記事です。
◆日はまた昇る 名取・閖上元日の朝(2012年1月3日付河北新報朝刊)
http://www.kahoku.co.jp/news/2012/01/20120103t15009.htm

きっと深沼海岸からも、同じように朝日が見えたことでしょう。
暮らしの再建や地域再生に向けて、
実りの多い一年になることを心から祈っております。
posted by 公益財団法人仙台市市民文化事業団 at 10:33| 日記