2012年05月17日

今年度も「RE:プロジェクト」!!

昨年度に引き続き、今年度も「RE:プロジェクト」に取り組んでまいります。
よろしくどうぞお願い申し上げます。

東日本大震災を受けて、
このままでは暮らしや文化といった地域の記憶が失われていくのではないか、
という危機感から立ち上げられた「RE:プロジェクト」。
昨年度は下記の事業に取り組んでまいりました。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
◎『RE:プロジェクト通信』の発行(第0号〜第4号)

◎「−被災地の記憶を想う−『RE:プロジェクト』記録展」の開催
 (2012年3月16日〜20日)

◎トークイベント「『小さな物語』から始まること」の開催
 (2012年3月18日)
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

ここで改めて「RE:プロジェクト」のコンセプトを取り上げたいと思います。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

@被災した地域の記憶をつないでいくこと。

Aどんな地域だったのか想いを巡らせ、
 失われてしまった「目に見えないもの」の可視化を図ること。

B今一度、地域資源の尊さについて再発見/再認識/再考する場をつくること。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


今年度は、引き続き『RE:プロジェクト通信』を発行することで地域の記憶を振り返りつつ、
上記のコンセプトに基づいた新しい取り組みにも着手する予定でございます。
詳細が決まり次第、こちらのブログでもご紹介させていただきます。

引き続き温かく見守ってくださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

posted by 公益財団法人仙台市市民文化事業団 at 13:58| お知らせ