2014年12月11日

「大学間連携災害ボランティアシンポジウム」のご案内/「三本塚オモイデゴハン」の報告があります!

2014大学間連携ボランテティアシンポジウムチラシ-1.jpg

明日から2日間の日程で開催される「大学間連携災害ボランティアシンポジウム」(会場:東北学院大学土樋キャンパス)にて、当事業担当の田澤より「三本塚オモイデゴハン」の報告があります。これまで3回行われてきた「三本塚オモイデゴハン」について、〈学生の関わり方〉という視点から振り返ります。また、会場内ではRE:プロジェクトのパネル展示も行っております。
ご興味のある方は、ぜひともお越しください!
12/12〜12/13 東北学院大学で開催 大学間連携災害ボランティアシンポジウムのご案内

2014大学間連携ボランテティアシンポジウムチラシ.pdf

以下、公式ウェブサイトからの転載です。
------------------------------------
大学間連携災害ボランティアシンポジウム
「復興状況の変化と学生ボランティアの役割」


【日時】2014年12月12日(金)・13日(土)
【場所】東北学院大学土樋キャンパス 8号館5階押川記念ホール・8号館3階第1〜2会議室
【共催】復興大学災害ボランティアステーション/大学間連携災害ボランティアネットワーク/復興庁宮城復興局/東北学院大学災害ボランティアステーション
【後援】防災からまちづくりを考える実行委員会
※申込不要・入場無料

【12/12(金)メイン会場:東北学院大学 8号館5階 押川記念ホール】

12:00〜14:00 ポスターセッション・パネル展示(8号館3階第1〜2会議室)
14:00〜14:10 挨拶 開会
          佐々木 俊三(東北学院大学副学長・同大学教養学部教授)
          梶原 康之氏(復興庁宮城復興局局長)
14:10〜15:20 セッション1 基調講演「震災復興と社会的ネットワーク 被災者の生活再建に向けて学生ボランティアができることとは? 」【講演60分+質疑応答10分】
    立木 茂雄氏(同志社大学社会学部・教授)

15:20〜15:30 休憩(10分)

15:30〜16:10 セッション2 事例報告「広島の災害地域における災害ボランティア活動報告」【報告30*1+質疑応答10分】
報告者:平岡 健氏(広島修道大学・ひろしま未来協創センター)

16:10〜16:20 休憩(10分)

16:20〜17:20 セッション3 学生報告@「東北の大学生の取り組み」
【報告10分*3+討論30分】
報告者:東北学院大学・市川 文章、相澤 和希
尚絅学院大学・及川 龍哉氏、庄司 晴香氏
東北大学・石井 雄太郎氏、和田 祐奈氏
コーディネーター:東北学院大学・五嶋 優希

17:20〜17:40 報告・挨拶 「大学連携災害ボランティアネットワーク今後の展望について」
郭 基煥(東北学院大学災害ボランティアステーション所長・同大学経済学部教授)

【12/13(土)メイン会場:東北学院大学 8号館3階 第3・4会議室】

9:30〜12:10 セッション4 学生報告A「全国の大学生の取り組み」
【報告10*10+休憩30分(礼拝のため)+討論30分】
12:10〜13:00 ポスターセッション・パネル展示(8号館3階第1〜2会議室)/休憩(50分)

13:00〜14:50 セッション5 市民フォーラム「被災地域の課題と学生ボランティアの意義」
【報告20分*3+休憩10分+討論40分】
報告者:岩佐 秀広氏(山元町社会福祉協議会・事務局長)
    田澤 紘子氏(公益財団法人仙台市市民文化事業団)
      坂上 英和氏(特定非営利活動法人コースター)
コーディネーター:齊藤 康則(東北学院大学災害ボランティアステーション副所長・同大学経済学部准教授)

14:50〜15:00 挨拶 閉会
       阿部 重樹(復興大学災害ボランティアステーション部門事業実施責任者・東北学院大学経済学部教授)

[問合せ先]
復興大学災害ボランティアステーション
〒980-8511 仙台市青葉区土樋一丁目3-1 東北学院大学 土樋キャンパス内 7号館2階725教室
TEL:022-264-6522 FAX:022-264-6522(受付対応時間:平日 11:00〜16:30)
MAIL:revolu@tscc.tohoku-gakuin.ac.jp
ホームページ: https://www.fukkou-daigaku-volunteer.jp/
posted by 公益財団法人仙台市市民文化事業団 at 17:15| お知らせ