2015年09月01日

9月6日(日)お話会「聞いてみよう 暮らしの中にある堀」

【チラシ】聞いてみよう 暮らしの中にある堀.jpg

若林区東西線魅力発信事業 平成27年度若林区東西線沿線魅力探検隊
展示「みんなで『堀』起こし―六郷堀・七郷堀がおもしろい―」関連企画

聞いてみよう 暮らしの中にある堀

若林区内を流れる六郷堀・七郷堀は、江戸時代から仙台平野の田畑を潤すだけでなく、各家庭の食器や衣類の洗い場や子どもたちの遊び場になるなど、暮らしの中でも大事な役割を果たしてきました。
このおはなし会では、若林区にお住まいの皆さんにご登場いただき、実際に堀を暮らしの一部として使っていた頃のお話をうかがいたいと思います。それぞれの暮らしの中での、それぞれの堀との付き合い。住民の皆さんのお話に想像を膨らませながら、これからの「私たちと堀」の付き合い方についても、少し考えてみませんか?堀の使われ方を知ることで、堀の見方も変わってくるかもしれません。ご参加をお待ちしています!

【日時】9月6日(日) 13時−15時
【会場】若林区中央市民センター セミナー室(仙台市若林区南小泉1-1-1)
【聞き手】西大立目祥子さん(フリーライター)
*参加費無料/申込不要/直接会場へお越しください。

【ご登場いただく住民の皆さん】
◎庄子喜豊さん
…若林区長喜城で長らく農業を営まれてきました。家の周りには堀が巡り、生活用水として使っていました。
◎洞口和子さん
…七郷堀のすぐそばに住んでいます。ご自身が小さい時も、子どもたちが小さい時も、堀は遊び場でした。今でも楽しんでいるそうです。
◎森孝義さん
…若林区南小泉にある森勘京染店のご主人。染物屋にとって、近くを流れる堀の存在は貴重でした。暮らしと産業の視点から堀のお話をうかがいます。
◎菊地誠孝さん
…「堰守」の存在をご存知ですか?広瀬川からの取水量を調整しながら、愛宕堰を見守っています。

<お問合せ>
RE:プロジェクト事務局(公益財団法人仙台市市民文化事業団総務課)
〈電話〉022‐727‐1875(平日9-17時)
〈メール〉re-project@bunka.city.sendai.jp

|主催|若林区まちづくり推進課/(公財)仙台ひと・まち交流財団 若林区中央市民センター・若林区文化センター
|協力|六・七郷堀サポーターズ/仙台市博物館/RE:プロジェクト事務局(仙台市、(公財)仙台市市民文化事業団) 


*このプログラムは平成27年度仙台市震災メモリアル・市民協働プロジェクト「伝える学校」にも参加しています。

展示「みんなで『堀』起こし−六郷堀・七郷堀がおもしろい−」は若林区文化センターにて9月13日(日)まで開催中です!
posted by 公益財団法人仙台市市民文化事業団 at 18:32| お知らせ