2015年03月01日

「伝える学校の発表会」に向けて/初稽古!

RE:プロジェクトは、昨年度から仙台市震災メモリアル・市民協働プロジェクト「伝える学校」に参加しています。

今年度は「暮らしを見つめる〈聞書き〉講座」と題して、『RE:プロジェクト通信』の制作と同じ「聞書き」という手法を通して、長らく仙台市沿岸部にて暮らしてきた方々に向き合い、生活や地域文化の記録を綴る作業を市民参加者の皆さんとともに行いました。
その成果を「伝える学校の発表会」(3/10-15)にて朗読により披露いたします。

今日は、卸町の10−BOXにて、その稽古を行いました。仙台弁が満載の台本を手に、なかじょうのぶさん、海苔のり子さん、上島奈津子さんが読み合わせを行いました。音で言葉を味わう良さに改めて感じ入りました。

0301朗読稽古@.JPG

0301朗読稽古A.JPG

本番は3/14(土)14時からです!

◎伝える学校の発表会

******
3月14日(土) 14:00〜14:30
朗読『小さな物語 ―市民による聞書きから― 』
聞書きをとおして人と向き合い、地域と向き合い、暮らしと向き合う―RE:プロジェクトのゼミ「暮らしを見つめる〈聞書き〉講座」で参加者の皆さんが出会った、それぞれの人の、それぞれの小さな物語。言葉に耳を傾けることで、見えてくる風景があります。
〈脚本・構成〉西大立目祥子
〈演出〉橋菜穂子
〈出演〉なかじょうのぶ(劇団三ヶ年計画)/海苔のりこ(劇団三ヶ年計画)/上島奈津子(フリー)
〈チェロ演奏〉山本純(仙台フィルハーモニー管弦楽団)

〈会場〉仙台市市民活動サポートセンター 地下1F市民活動シアター(仙台市青葉区一番町4丁目1−3)
〈入場料〉無料
******
posted by 公益財団法人仙台市市民文化事業団 at 20:20| 伝える学校