2015年02月07日

〈仙台メダカ米プロジェクト〉シンポジウムで展示させていただきました!

2月7日(土)に〈仙台メダカ米プロジェクト〉シンポジウム「東日本大震災後のふるさと、くらしと自然」が開催されました。会場では、RE:プロジェクトのパネルをご紹介させていただきました。

メダカ米シンポジウム06.JPG

メダカ米シンポジウム05.JPG

メダカ米シンポジウム03.JPG

メダカ米シンポジウム08.JPG
▲遠藤環境農園で育てられた【仙台岡田メダカ米(農薬・化学肥料 不使用)】

メダカ米シンポジウム07.JPG
▲メダカも登場!!

メダカ米シンポジウム04.JPG

話題提供者として『RE:プロジェクト通信』にエッセイを書いてくださっている西大立目祥子さんが登場し、『RE:プロジェクト通信』の取材で住民の皆さんから語られた、「メダカはもちろん、フナ、ナマズ、ドジョウ、沼エビ、たくさんの生き物と一緒に子どもの頃は遊んでいた」というエピソードを紹介。仙台市沿岸部に当たり前にあった自然、そして暮らしの豊かさについて、震災を経験した今だからこそ改めて見つめ直す必要があるのではないかと感じました。西大立目さんから「RE:プロジェクトの取材をしていて感じるのは、集落ごとにそれぞれ違う暮らしがあること。風土の固有性があるからこそ、そうした生活文化の固有性が生まれる。かつてメダカがいた暮らしを一つの生活文化としてちゃんと捉えて、考えていくことが大事」とのお話があり、生物学的観点からのみでメダカの環境を考えるのではなく、暮らしや地域文化も絡めて取り組んでいくことの重要性を感じました。

メダカ米シンポジウム01.JPG

後半のディスカッションでは、『RE:プロジェクト通信』第4号でお世話になった加藤新一さん(六郷老人クラブ連合会会長)、第9号でお世話になった遠藤源一郎さん(メダカ米モデル農家)も登場して、「メダカは仙台市沿岸部に復活できるのか?」をテーマに話が進みました。メダカは絶滅危惧種となりましたが、かつては人間の暮らしとともにメダカの生育環境もありました。そうした点では、長く沿岸部で営まれてきた風土に寄り添った暮らしのあり方が、メダカが帰ってくることはもちろん、この土地らしい暮らしの再生や景観づくりにつながるのではないか、という提案もありました。宮城教育大学の棟方有宗先生(生物学)からは「震災を経験した仙台市沿岸部において、【メダカがいること】がかつての暮らしや文化を取り戻す道標になるのではないか」とのご指摘がありました。一方、八木山動物公園を中心にメダカの里親募集も行っており、市内にメダカを育てている方も増えているとのこと。育てられた多くのメダカが自然に帰る日が来るよう、さまざまな場面で人の手をかけていく必要があると感じました。

改めて、仙台市沿岸部の豊かさを味わうことができたシンポジウムでした。
posted by 公益財団法人仙台市市民文化事業団 at 17:08| お知らせ

2015年02月06日

2/7(土)〈仙台メダカ米プロジェクト〉シンポジウム「東日本大震災後のふるさと、くらしと自然」に参加します!

メダカ米チラシ_最終-2.jpg

明日2月7日(土)に開催される〈仙台メダカ米プロジェクト〉シンポジウム「東日本大震災後のふるさと、くらしと自然」にて、RE:プロジェクトの紹介パネルが展示されます。『RE:プロジェクト通信』にて毎号エッセイを寄せていただいているフリーライターの西大立目祥子さんの基調講演「自然とともにあった暮らし−【RE:プロジェクト】取材ノートから−」もございますので、ぜひお越しください!

*****************
〈仙台メダカ米プロジェクト〉シンポジウム「東日本大震災後のふるさと、くらしと自然」
半世紀前、仙台市の沿岸部にはメダカなどのたくさんの生き物が生息し、子どもたちの遊び場になっていました。その後、田んぼの水路整備などによって生物の生息環境は少しずつ小さくなっていきましたが、東日本大震災による津波でメダカ達が生息していた水路は大きな被害を受け、メダカの姿は見られなくなってしまいました。

そこで、研究の目的でこの地域のメダカを採取していた宮城教育大学は、八木山動物公園・有志市民の里親と協力してメダカを増やし、元の場所へ復活させようと保全事業に取り組んでいます。「仙台メダカ米プロジェクト」では、これらのメダカを農薬を使わない田んぼに放流し、メダカをはじめとする多様な生物と共生する米作り、農薬を使用しない、人にも自然にもやさしい米作りを推進しています。

http://www.city.sendai.jp/kensetsu/yagiyama/event/2014/pdf/26medaka.pdf

■日時 : 平成27年2月7日(土)午後1時から3時頃まで
■会場 : 仙台市市民活動サポートセンター 地下一階シアターホール
■内容 : 震災後の仙台市沿岸部のくらしと自然についてのスライド上映とパネルトーク。
■定員 : 100名
■参加費 : 無料
■申込 : 会場に直接お越しください。
■主催 : 八木山動物公園・農林部
■協力 : 六郷市民センター、RE:プロジェクト、若林区まちづくり推進課、農林水産省「美しい農村再生支援事業」
*****************
posted by 公益財団法人仙台市市民文化事業団 at 17:11| お知らせ

2015年02月04日

「おらほのオモイデゴハン」開催決定!!!

仙台市若林区にある二つの集落、荒浜と三本塚。海辺で豊かな生活を育んできた荒浜と、土と向き合いながら暮らしをつくってきた三本塚は、集落は2kmも離れていないものの、生活文化に目を向けるとさまざまな違いが見えてきました。その一つが食文化です。
今回のオモイデゴハンでは、それぞれの冬においしく食べていたゴハンに焦点を当てながら、地域固有の魅力を伝えていきたいと考えています。
ぜひお越しください!

(平成26年度おらほのオモイデゴハン)チラシ表紙.jpg

〈RE:プロジェクト〉
おらほのオモイデゴハン―仙台市若林区荒浜&三本塚編―

RE:プロジェクトでは、〈地域に暮らしてきた中で記憶に残っている食べ物〉を「オモイデゴハン」と定義しています。田植えや稲刈りといった農作業が終わった後にみんなで食べたもの、お祭りや運動会の後にお母さんたちが総出でつくってくれたもの、お盆やお正月の時に食べたとびきりのご馳走……「ここでの暮らし」を振り返った時に思い出される食べ物は、きっとそこに暮らすみんなが共感できる食べ物であるはずです。誰かのオモイデゴハンの中に自分の思い出を重ねて、一緒に味わってみませんか?
今回は仙台市若林区の荒浜地区と三本塚地区のオモイデゴハンをご紹介します。

【開催概要】
○日時:2015年2月19日(木)11時30分〜16時
○会場:東北ろっけんパーク(仙台市青葉区中央2丁目5−8)
○入場無料
○主催:仙台市/公益財団法人仙台市市民文化事業団
/東北学院大学経済学部共生社会経済学科齊藤康則研究室
 企画協力:荒浜再生を願う会/三本塚町内会/仙台市博物館

【プログラム】
@〈11時30分〜13時ごろ〉二つの地区のオモイデゴハンをお振舞い!
2月19日は旧正月にあたります。荒浜の農家・佐藤さんが大事に育てた幻のもち米「ハツキネモチ」をお正月のご馳走であるお雑煮でいただきます。また、保存食としても冬の暮らしに欠かせなかったお漬物を、三本塚の皆さんにご提供いただきます。
*どちらもなくなり次第終了です(100食程度)。どうぞお早めにお越しください!

【荒浜地区】幻の餅米がここに復活!!「ハツキネモチ」を使ったお雑煮
荒浜の農家・佐藤さんが大事に育ててきた餅米「ハツキネモチ」。モチモチ・フカフカの食感はやみつきになります!ハツキネモチ復活のエピソードとともに召し上がれ!

【三本塚地区】冬の定番といえばコレ!保存食にもなるオリジナルのお漬物
寒く長い冬に備えて作られてきたお漬物は、冬の暮らしに欠かせないものでした。たくさんのお漬物レシピの中から、「これは!」という絶品のお漬物をご提供いただきます。

A〈14時〜15時〉「そちらはどんなお正月?」お茶っこトーク!
2月19日は旧正月。住民の方からのお話やこれまでのリサーチをもとに、お正月の過ごし方を振り返ります。地理的に近い荒浜(七郷)と三本塚(六郷)ですが、生活文化を比べてみると様々な違いがみえてくるかもしれません。お気軽にご参加ください![*お茶&漬物つき/申込不要]

B〈常時〉パネル展示:荒浜と三本塚―風土に根差した暮らしの姿
それぞれの地域で営まれてきた暮らしをご紹介します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【問合せ】RE:プロジェクト事務局(仙台市市民協働推進課内/担当:田澤)
〒980-0802 仙台市青葉区二日町1-23 二日町第四仮庁舎2階
電話:022-214-8002/ファックス:022-211-5986/メール:re-project@bunka.city.sendai.jp
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
posted by 公益財団法人仙台市市民文化事業団 at 00:00| お知らせ