2015年02月24日

【おらほのオモイデゴハンA】お振舞いの準備も大詰め

オモイデゴハンを振舞っていただく地元の皆さんの準備も大詰めです。

三本塚の皆さんが振舞うのは、「冬の定番といえばコレ!保存食にもなるオリジナルのお漬物」です。
寒く長い冬に備えて作られてきたお漬物は、三本塚の冬の暮らしに欠かせないものでした。今回は【きゅうりの古漬け】と【白菜の朝鮮漬け】、そして【たくあん漬け】が登場!
きゅうりは夏野菜。旬の時期に食べきれないほど採れるきゅうりは、何も採れない冬に備えて漬物にするのが定番でした。本日のきゅうりも、去年の夏に採れたものです。白菜も、旬の時期に食べ尽くすのは量が多すぎてとても難しく、漬物に加工することが多いようで、朝鮮漬け(=キムチ)は最近のレパートリーとのことでした。

おらほのオモイデゴハン_2-01.JPG

おらほのオモイデゴハン_2-02.JPG

おらほのオモイデゴハン_2-03.JPG

食べやすいように小分けにして、オープンを待ちます。
この日手伝ってくださったのは、さよこさん、かずこさん、たえこさんの3人です。三本塚町内会長の小野さんも見守ってくださいました。

そして、荒浜の皆さんが振舞うのは「幻の餅米がここに復活!!“ハツキネモチ”を使ったお雑煮(通称:おこ)」です。
 お正月のご馳走といえば、やっぱりお雑煮!使用するお餅は、荒浜の農家・佐藤さんが大事に育ててきた「ハツキネモチ」です。東日本大震災の津波により種もみが流出し、二度と食べられないかもしれないと一時は諦めかけましたが、たくさんの方の支援により、見事に復活しました!モチモチ・フカフカの食感はやみつきになります!
 荒浜のお雑煮は、シタビラメ(通称:ベロ)で出汁を取ることもあるそう。ただ、この時期は旬ではないそうで、とり出汁になりました。

おらほのオモイデゴハン_3-05.JPG

おらほのオモイデゴハン_2-06.JPG

杵と臼も持ち込まれて、準備万端!
(続く)
posted by 公益財団法人仙台市市民文化事業団 at 00:00| オモイデゴハン

2015年02月23日

【おらほのオモイデゴハン@】会場はオープン前からにぎやか!

2月19日の旧正月に開催した「おらほのオモイデゴハン」、本当に多くの方にご来場いただきました。ありがとうございました!

おらほのオモイデゴハン_1-00.JPG

当日は、11時30分のオープンに向けて、会場の東北ろっけんパークの設営から始めました。
一緒に写真の展示や飾り付けを行ったのは、東北学院大学経済学部共生社会経済学科齊藤康則研究室の4年生と3年生の皆さんです。

「オモイデゴハン」フラッグを天井に飾って、オモイデゴハンらしい会場にしました。
(※三本塚集会所で行った「夏のオモイデゴハン」でもフラッグを飾りました)

おらほのオモイデゴハン_1-01.JPG

おらほのオモイデゴハン_1-02.JPG

おらほのオモイデゴハン_1-03.JPG

齊藤研究室の皆さんには、クリスロード商店街側に見えるように、マジックとマスキングテープを使って宣伝用のポップを作ってもらいました。

おらほのオモイデゴハン_1-04.JPG

おらほのオモイデゴハン_1-05.JPG

おらほのオモイデゴハン_1-06.JPG

壁面には、荒浜や三本塚の現在の様子や、佐藤善男さんが育てたハツキネモチの紹介、そして旧正月ということで仙台市博物館にご協力いただき、仙台地方における正月行事についての解説パネルを展示しました。

おらほのオモイデゴハン_1-08.JPG

おらほのオモイデゴハン_1-09.JPG

おらほのオモイデゴハン_1-10.JPG

おらほのオモイデゴハン_1-11.JPG

オープンまでもうすぐ!
(続く)
posted by 公益財団法人仙台市市民文化事業団 at 00:00| オモイデゴハン

2015年02月17日

朝日新聞にご紹介いただきました!

2月17日(火)付の朝日新聞にて、現在開催中の「RE:プロジェクト」記録展についてご紹介いただきました。
2月17日(火)付朝日新聞(宮城県版)
被災地の個性 「RE:プロジェクト」記録展


2015年2月17日朝日新聞の記事(RE:プロジェクト).jpg

『RE:プロジェクト通信』第12号で取材した仙台市宮城野区和田地区についての状況も、端的に触れていただいております。

今週末に開催される武田こうじさんの詩の朗読会についてもご紹介いただきました!この朗読会では、3月11日に行われる東日本大震災仙台市追悼式において読む新作の詩も披露いたします。ぜひお越しください。
○日時:平成27年2月20日(金) 14時〜14時30分
○会場:仙台市役所 1階ギャラリーホール(「RE:プロジェクト」記録展会場)
○入場無料・申込不要
posted by 公益財団法人仙台市市民文化事業団 at 09:26| お知らせ