2014年11月26日

国連防災世界会議「防災・復興レポート」にオモイデゴハン!

第3回国連防災世界会議が、来年の3月14日から18日までの5日間の日程で仙台市で開催されます。
国連防災世界会議とは、国際的な防災戦略について議論する国連主催の会議です。第2回会議(神戸市で開催)では、2005年から2015年までの国際的な防災の取組指針である「兵庫行動枠組」が策定されるなど、大きな成果をあげています。第3回国連防災世界会議では、兵庫行動枠組の後継枠組の策定が行われる予定です。

この「第3回国連防災世界会議」の公式ウェブサイトにある「防災・復興レポート」の中に、9月に開催した「三本塚・夏のオモイデゴハン」の取組が紹介されています!ぜひご覧ください!
【防災・復興レポート】仙台市の津波被災集落で古里に伝わるお盆のごちそうを作り、もてなしました

若林区三本塚といえば、津波防災訓練の様子も仙台市のウェブサイトに掲載されていました。
さまざまな経験をされて、防災に対する意識も高いことがうかがえます。
http://www.city.sendai.jp/shobo/1215701_2447.html

こちらもぜひご覧ください。
posted by 公益財団法人仙台市市民文化事業団 at 10:06| お知らせ