2014年10月22日

幻のもち米、ついに…!

「ようやく出来たから、食べにおいで」
とお誘いいただいたのは、仙台市若林区荒浜で長らく農業を営んでいたよしおさんからでした。
それは、私も待ちに待った幻のもち米・ハツキネモチのことでした!2年前によしおさんに種もみを預けてから、大事に大事に育ててくださって、手のひらに載るほどの種もみから、たくさんの人と一緒に味わえるほどの収穫量になりました。さすが、農家一筋のよしおさんです!
ハツキネモチはすごーくよく伸びるお餅で、フカフカした触感。よしおさんが「あれをもう一度食べたいんだぁ」と切望していたことにも納得。この日は、あんこ餅とお雑煮でいただきました。

ハツキネ あんこ餅.JPG

10月ハツキネ 02.jpeg

10月ハツキネ 05.jpeg

10月ハツキネ 03.jpg

10月ハツキネ 06.jpg

「もう一度食べたい」という一人の思いが実らせた2年越しの収穫。暮らしと思い出の中に生きる味を大切にしていきたいと思いました。
posted by 公益財団法人仙台市市民文化事業団 at 17:47| 日記